So-net無料ブログ作成

アスペルガー症候群は警察や裁判所などは無知で見識・学識が全く無い

今から2年ほど前にあった実際の話です。

アスペルガー症候群の34歳の既婚女性が誤った判断と妄想など
あって更に二次障害が酷くなった時期に、婦人相談所へといって
ほとんど自分の意思よりも監禁に近い状態で1ヶ月ほど施設に軟禁
状態になって、婦人相談所職員らのほとんど洗脳術に近い脅迫や
教育を経て、後日勝手に(離婚)弁護士を立てて離婚調停の申し立て
をした事実があります。

自治体でも呼称が違いますが、婦人相談所や女性相談所、女性センター
などという行政が管轄する施設は、そのホームページなどをみると
わかりますが、夫婦の円満や話合いなどは一切無く、離婚を勧める
いわゆるフェミニスト集団的である意味では新興宗教的で危険思想を
持ち合わせています。(児童相談所などもおなじです)

その後に裁判所にて離婚調停が行われました。
その時に夫は妻の精神的な異常などが過去に数えられない程あり、その
記録は当時に居住していた警察や行政、病院などにもあること。そして
自殺企図(自殺未遂行為)が過去にあって、早く妻が家に帰るか病院に
入院をさせないと再び、自殺を試みることを訴えました。

その当時、裁判所や警察は「ありえない」「自分の正当性を言っているだけ」
などと言い笑いながら無視しました。当然ながらアスペルガー症候群やその
二次障害における資料、過去における異常行動などのレポートをA4用紙に約
400枚以上に及ぶレポートを提出した状態の事です。

特に離婚弁護士は医師でもないのに「正常な健常者で間違いない」と言い、
それを何の疑いもなく裁判所は弁護士の意見だけを聞き入れました。

「自殺の危険性が大いにある」と夫が調停で訴えて、1ヶ月も無い内にそれは
現実になりました。夫が主張し警告した通りに現実に起きたのです。

アスペルガー症候群は発達遅延、発達障害における一種の自閉症です。
先天性(生まれつき)のDNAレベルの脳障害です。ですから直す事や治療などは
現在の医学では解決できず、特有の悪化したときに起きる「二次障害」時は
統合失調症(旧:精神分裂症)の精神病に類似して、特に酷くなれば重度患者か
それ以上の内用です。

警察や裁判所ではそのような話はどんなに真剣に訴えても笑って聞き流してました。

人の人命が左右されるにも関わらずです。

それだけ現在の日本国における裁判所や警察をはじめ、行政はアスペルガー症候群に
ついては全く無知で無学であり、精神病や二次障害などの異常行動や異常発言なども
自分らの浅い見識や自分らが描く固執した考えしかないのです。

また専門である医師や精神医学会にしても類似する悪いところがあります。
その一つは正確に診断や判断ができず、しかも時間や期間が長すぎるなどです。

アスペルガー症候群は世界二次大戦が終える時くらいに海外である精神科医師が
発表し発見しました。海外でもアメリカなどでは自国にて多彩な研究や専門の
病院や施設などが作られて現在では正解的にもトップクラスです。

しかし、日本においては国が障害と認めたのも今から数年前であり、医学部などで
教える側も未だに正確に教えている所はとても少ないのです。まず日本の医学部に
いける体質が大きく影響しており、例えばトップにいる教授が誤った診断をしても
他の者は異議を言うこともできず、疑うこともしない固執した悪い慣習があるからです。

ですからもうすでに医学部を何十年前に卒業している医師にはアスペルガー症候群を
正確に見出す見識や学識が無く、独自に勉強したり見識が広い医師や、海外などの
医学会に目を向けたり実際に行ったりなどの、ごく少数の医師に限られます。

実数から言えば各都道府県に1名いるか否かです。現在のアスペルガー症候群をみる
医師では児童が専門がその殆どです。成人以外の児童(幼児)の場合は簡単な検査で
見出すことが容易だからです。成人の場合はその人の履歴や環境、人間関係、家系など
多くの要素があるので、残念ながら現在の日本国における精神科医師では何人もいなく
あいまいか、間違った診断や治療をする医師や病院がかなりあります。

知った人ですが、その人の行っている病院の医師が誤診で「うつ」などと一般的な
精神病と診断をして、本人も医師の診断を全く疑っていないので投薬も逆効果である
内容の薬で身体。精神的にも日を追って衰退しているようです。

見かねて本人にも「誤診の疑い」と「アスペルガー症候群」についてを申し上げていますが、
アスペルガー症候群特有の固執した考えや判断力と下手な医師への信用や思い込みがある為
一向に聞き入れません。

現実に病院や医師、行政などの間違ったり、誤った見解や学識、無知無学の考えや意見で
患者本人をはじめ、その家族や周囲も不用意に不幸に陥っているいるのが日本の現実です。

少なくてもアメリカと日本では精神医学界の内容、差は半世紀分は確実にあります。
nice!(0) 

アスペルガー症候群についての間違い ~遅れがあるのでやはり頭は悪い

アスペルガー症候群疾患の障害者は「知能指数が高い」などと高評価ぎみに
言われているが、正確に言えば「(知的障害者などよりはるかに良くて)
健常者と変わらないもしくは異常(知的障害)が無い」と言うのが正解です。

大分類ではアスペルガー症候群についても「発達障害における一種の自閉症」
がある障害で、その障害者の多くは健常者と変わらないか、やや高いという
のが本当です。

仮に知能指数がやや高めで人よりIQが優れていたとしても、基本的に幼稚的な
思想や思考、判断力を持つ者は自分の不都合や嫌な事を敵視する傾向がとても
強くあり、また人間誰でも同じように苦より楽な方を無意識でも選択します。

つまり、子供が親の言いつけを守らない事例や家事や仕事の手伝いや、家事、
勉強、仕事を面倒や苦と一番に考えて積極的に動こうとはしない方が多い。

そして年齢が低く度合いが酷い場合などは特に、その傾向が強くみられる。

例えば親の教育方針や家庭などの環境にも左右されるが、一般的に学校で学ぶ
「勉強」は多くの人は自ら好んで勉強するケースは稀だと思います。もしいても
特別な科目や限定された内容のみでしょう。科目や内容に関わらず勉強すること
がとても楽しく感じて進んで勉学をする人(子供)はまさに将来はエリートで、
IQも飛びぬけて稀にない指数を指す人でしょう。

このような人を除いたアスペルガー症候群疾患の障害者は勉強や仕事、家事、雑用
など考えたり、動くことなどを苦痛に考えて常に楽な方へとする傾向がとても強い。

実例であるが、学校の宿題を嫌がる子供が宿題をしない理由を「習っていないところ」
と平然と口にします。学校の宿題とは学校で学習した内容の「おさらい」であって
どの位、理解できているかや復習の意味がある。日本に限らず世界中どこの学校でも
教育方針などに相異があっても「習っていない内容の宿題」はありえない。

普通の人、子供の場合でも勉学について自ら好んでかつ進んで励むケースは全体から
みてもわずかな数であり、飛びぬけてIQがある場合を除いては年齢や学年の経過と共に
勉学の内容も複雑になり、覚える内容や数も多くなり、更に科目も増えるので自然な
傾向としては一般的に殆どの多くの人は障害や病気の有無に関係なく「勉学は苦手」と
考え好んで勉学に励む者も少ないのが現実です。

話は戻りますが、アスペルガー症候群の障害者の多くはIQは比較的に高いなどと言われ
「頭が良い」とも言われてますが、学習する姿勢や方法、考えなどが身につかなく年齢と
共に反って一般の他の生徒より勉強が出来ないというのが現実です。

とくに「勉強は苦手で難しい」と考えたアスペルガー症候群の者は普通の子供よりも、
苦手で難しいという考えは強くあり、平気に正当な理由や言い訳にもならないことを
口で唱えて勉強を回避します。

学校の勉強や学習について親などが注意をすると「敵視」する事で更に泥沼化します。


頭が良い、頭が悪いという事とIQ・知能指数が高い・低いと言う事は全く別問題です。


むしろIQ・知能指数が平均より低い「知的障害者」の方が素直に先生や親の言いつけを
聞いて(集中力は劣るので別問題があるが)勉強の仕方や方法、教育の方針や方法では
後者の方がはるかに「頭が良い」と思える。また芸術や何らかの飛びぬけた才能などは
アスペルガー症候群の者より、知的障害者の方がはるかに得意で多くの天才がいるのも
現実である。

仮にIQが高くて暗記力に優れていても、家事や仕事を怠けていて、そのしない訳や理由
などを、聞いてあきれるほどの屁理屈的な内容を平然と唱えて更に普段からしないこと
から家事や仕事、勉学が年齢に供わない未熟で何をさせても出来ないか雑な内容で判断
力が乏しく、多くは間違った判断をして更に、その出来なかった理由やしない理由など
を他に責任転嫁を常にする方が「頭が良い=IQが高い」とはいかがなものだろう?

むしろIQが低くても、知的障害者の方がはるかに「頭が良い」のではないだろうか?

実際のところをみると、やはり学校の勉強をはじめ宿題、家事の手伝いなどを怠る傾向
が強いので、殆どの場合は学校の勉強が出来ない、落ちこぼれているケースが多くあり
「IQが人より高い」と言うよりも「IQは平均並みかやや高い」といのが正解である。

ゆえにアスペルガー症候群の障害者は「頭が良い」というのは稀な事例を除いて多くの
場合は「普通」であり、むしろ勉強はするしない以前に本人が勉強を拒む傾向が強いの
で、当たり前に考えても勉強をしないのだから勉強はできなく、学識が人よりも薄い。

加えて社会的な判断力が劣り、理解力も劣り何度も同じ失敗や後悔を繰り返すので、
結果的にはアスペルガー症候群の障害者は健常者よりも「頭が悪い」のである。
発達遅延、発達障害が大分類にてあるわけなのだから当たり前と言えば当たり前です。

普通の人でも学校で学んだ勉学よりも、社会的な判断力などが生涯一生、役に立つ事は
間違いなく、ある程度以上の理解力もそれに伴います。

勉強ができるできないは別としても、判断力に劣り人間関係の協調性が苦手で責任
転嫁を得意とし、些細な事や内容であっても自分にとって不利を言う者は敵視して
何度も何度も同じ失敗や後悔を繰り返し、有利や利益ある内容の話をしても理解や、
聞く耳を持たず、むしろ面倒や嫌悪感を感じて多くの場合には明らかに間違った判断
や、結果的に周囲に迷惑をかける者を「頭が良い」というのがおかしく思える。

数学がとても得意であっても全ての判断力などが幼児以下の成人を頭が良いと言える
だろうか?知能指数(IQ)と頭が良い・悪いというのは全く別物である事は確かである。
nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。