So-net無料ブログ作成
検索選択

テレビドラマなどであるアスペルガー症候群は間違い

発達障害のアスペルガー症候群について殆どの場合は、その障害における
二次的な障害(二次障害)の病症や症状、異常行動や異常な発言などが
現れないと日本国内における医師の診断でもほとんどは不明だろう。

殆どの場合は社会的な生活において支障をきたす場合は少なく、そして
本人の性格や性分の問題と取り違えられ、それよりも本人をはじめ家族や
普段から一緒に生活をともにする身の周りの者でもわかりにくくあり、
それよりも十代後半から成人以上の障害者は自らの病症や異常を殆どが
認めようとはしない。

突然発祥したり感染するものならば多少は自覚的なものがあると思うが
生まれてきてから自分の考え方や行動、発言などは普通であり他の人と
何ら変わりがないと考え、恐らくそのような事柄自体考えないだろう。

よほどの失敗や事が無い限りでは、自ら病院に行って診療を求める事は
なく、仮に言った場合は「うつ(病)」などの他の精神的な病と考えた
場合に限定される。また、以前にも述べたが日本国内の精神科などの
精神医学界では(特に幼児以外の)アスペルガー症候群に関する診断や
適切な診療が出来ないに等しく、その多くは他の精神病と誤診する場合
が多く、統合失調症や、そううつ病などと症状が類似するために根本的
な投薬内容(薬の処方)が違うので体調ともに悪化している患者が多い。

独特で考えが固執している医師や、誤った診断や見識、学識などをもつ
医師などの診療は、間違った内容の投薬や多量の投薬で病的にやせて
体重が極端に少なくなったり、統合失調症など他の精神病よりも重症に
なるケースが多くある。

現在の医学ではアスペルガー症候群は発達障害に属する一種の脳障害で
DNAレベルの異常ですから投薬や手術などにより回復や改善はあり得ない。

薬の投薬・利用は二次障害などへの抑制や抑止に用いられる。

根本的な改善や回復には至らないが、普段からの食生活や必要な成分を
含む食品などの摂取などで薬品の飲用よりも効果は大きい。ただし、薬
みたいに即効性はないので長年の摂取や制限などが必要である。

特に気をつけなければいけないのは「辛いもの」「塩気が多いもの」など
の(多量)摂取は控えた方が良い。二次障害が進行している者や異常な
行動・発言などが多い場合は唐辛子などを好んで摂取する傾向が多い。

辛いものが好きで好むよりも「味覚的な障害」が現れて刺激が強い味や
味が濃いものを好む傾向からの独特な特異行動であると考える。

辛いものに限らず、逆に極端に甘味が強いものや砂糖などを多量に好む
場合もある。これらはすべて個人差や個性が左右している。

最近ではテレビドラマなどでアスペルガー症候群などを題材にしてあるが、
その殆どは著書などでドラマ原作者やテレビの脚本家などが得た一部の知識
などでそのすべては無知に等しく、多くは誤った見識や見解である。

基本的にそれらがハッキリ言えるのは疾患患者の様子や病症などは、
その人の生まれや環境、経歴などが大きく左右して個性が他の障害と違い
特に現れている障害であるからです。

ある程度は概ねの該当する病症や特異な事柄で収まると思いますが、
テレビドラマなどであるアスペルガーはアスペルガー症候群は「これだ」
みたいな決め付けたところが多くあり、それに加えて製作者側の間違った
見識や見解が加わっています。

中には「アスペルガー症候群はあり得ない」などとそのものを否定する人も
いたりします。そしてアスペルガー症候群と思い込んだり自称する人もいます。

これらの人はアスペルガー症候群における「二次障害」の内容を全く知らなく
その怖さなど認識がない人だといえます。二次障害が進行し悪化状態になると
自己の中で「破壊」「攻撃」「(環境)変化」などを無意識に求める傾向が
強くなり、ともに被害的な妄想や誇大妄想も強くなります。

そんな考え方や行動、発言が強くなり現実逃避も強くなりますが自己の中で
大きな矛盾が生じて、いわゆるパニック状態を引き起こします。

そんなパニック状態の中で「幻聴」「幻覚」的なものや記憶違いや誤った
判断を繰り返すようになり、最終的に自殺企図など危険行為に至ります。

しかし、誤ったアスペルガー症候群の見識や見方でもよくあるのですが、
他人や無関係な周囲などの人に対して怪我を負わしたり死傷者を出すなどは
普通の人と同様でよほどの事が無いとあり得ません。これらはむしろ他の
精神的な病気などがある場合でしょう。

また、アスペルガー症候群の人は(社会的な)生活に支障が現れると決め付け
考える人もいるようですが、他からみて問題は見えますが本人は支障や問題は
ほとんど不明です。仕事や生活ができないことはなく無意識な行動や考え方で
迷惑したり問題を抱え込むのはむしろ生活を共にする家族の方です。

原則、仕事で交わる他人などは無関心な場合が多く故に攻撃的な行動や発言は
普通の人よりも反って少ない方なのです。(目にみえるところです)
但し、喧嘩状態などの場合は逆に他の人よりも激しい場合が多くあります。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。