So-net無料ブログ作成

アスペルガー症候群疾患患者の二次障害における危険思想(家出・失踪・自殺企図等)

普段はあまり考える事など無く、通常多くの人は日常では常識の範囲で
普通にしている日常生活。毎日は平凡に過ごして生活を安定・現状維持
して年月と比例しながら少しづつだが生活を向上してゆく毎日。

この普通のことが出来ない、もしくは苦手である事が多くあります。

常に変化や改革を追及する思想があって、常日頃から不平や不満が多く
そしてその原因や責任を第三者や他に転嫁したり、強引な結びつきなど
を唱えたりします。

そういう流れで「家出」「失踪」「自殺未遂などの危険行為」などの
行動で自己が考える「良い方向への」改革ができると信じ込みます。

また、平行して自分の思い通りにならない事を正当な理由に位置付け
をして無茶苦茶で非常識、過激な行動を起こす事が多々あります。

こういう非日常的で非現実的・非論理的な「危険思想」が多くあり、
周囲の者や家族の者は精神的・体力的にも疲れて時にはそのために
社会的な信用や地位などを失ったり、多大な他人への迷惑をかけたり
最低限の生活を維持する事が困難になるまで陥ったりして困ります。

この危険で稚拙かつ非常識な思想は頑固であり、本人にとってはとても
「正しい」内容や考えであって、第三者からの助言や訂正を受け入れる
事などは一切しません。(妙で強引な「こだわり」があります)

実際に自殺企図や危険行為・家出などを実行する場合には、ほぼ無意識
に後日、記憶が(ほぼ)無い状態かつ「衝動的」に行います。

前兆として暴れたりなどの実際に目撃が出来る現象や行動があれば警戒
などができますが、実際に家族や周囲などに迷惑をかける行動をおこす
時には、よくよく観察や(常時)監視していても判らない時が多くあり
一般的な家出や自殺企図のように考えられる「原因」が見当たりません。

常識が無い多くの場合は「非人道的な思想」が根本的にあります。
親子や兄弟姉妹、家族・夫婦間での関係がそれにあたります。

親を親として考えないなどが先にあり、更に自己中心的(絶対)な考えが
根本的にある訳です。簡単に言えば、社会的な常識や人間として常識的な
事や考えを除外視した幼稚・稚拙な考えや思想を持ち合わせている。

デパートのおもちゃ売り場で欲しい「おもちゃ」を買ってもらえないから
大げさに泣いたりして「だだをこねる」幼児の行動や思想そのものです。

他への「責任転嫁」や「現実逃避」が人よりもかなり強い訳です。

その「責任転嫁」や「現実逃避」を行動で実行する多くのケースが危険な
自殺企図や家出・失踪、その他の危険行為です。それは自分の考えを周囲
や他の人たちに「正当」な考えとして認めさせ注目を受ける手段です。

ですから、例えば家出して後日に戻った場合に下手に理解したような言葉
や行動を与えると、後日更に家出をエスカレートさせる傾向が多くなり、
(家出・失踪の)時間や日数が長くなったり、更に危険行為を実行します。

自殺企図の場合は電車への飛び込みや高所からの飛び降りなど「即死」に
なる方法や手段は(特に初期の段階)稀です。無意識ですが自己の考えの
正当化やPR手段の一つの行動なので、直ぐに死に繋がる方法や手段など
はとても少なく、薬物の飲用などが特に多い様です。

いずれにしても、以下のような「危険思想」があります。

・自分の考えや行動・発言は「間違いない正当なもの」であり絶対だ
・(不都合があるのは)悪いのは誰かの責任であって、自分は被害者だ
・自分の考えや行動・発言に対して反論、意見する者は悪者である

それに加えて普段から日常の生活において「場に応じた不適切な発言や行動」
が多く目立つ傾向が多くあり、非常識な行動や発言もある訳で多くは結果的に
「慢性的な反抗期」「偏屈」な人間になります。

危険行動は「二次障害」における内容ですが、(危険な)考えや思想は
二次障害が現れなくても常日頃から本人にとっては「常識」的な考えである
場合がとても多く、突発・衝動的に家出などの行動の予測が難しい要因です。

幼児期からの早期の発見や療育・治療がとても重要な理由がそこにあります。

幼児期までは親や年長者からの言い付けや、柔軟に従う傾向が強いので
常識的な人としての行動や考え方などの強制が可能です。

逆に反抗期などを迎える小学校中学年~中学生、成人に近くなると固執した
自己中心的な考えや思想が「間違えない」絶対的なものと信じる傾向が強くなり
一般的な常識や考えが自分にとって不都合なものは自分にとって悪や害であり、
それを言う者は敵であると認識していきます。

何も知らずに療育や治療が無いままや、宗教団体など非日常的・非現実的な
思想などが本人に加わった場合には修正や改善が困難になったり、家族や周囲
の者を巻き込んで生活が困難に陥ったり、家族の崩壊になる可能性があります。

自分は頭が良い方で、考え方や判断に間違いは無く当然、常識人で非常識な
事などは絶対にした事が無い。自分が被る不都合や失敗は自分の責任は一切
無く、悪い(原因)のは他の人のせいである。

これが患者のもつ基本的な考えで、不動のものです。
また常日頃から「攻撃的」で感情が高ぶった時など「物を投げたり、叩いたり」
などの暴力的な行為が現れることも多くあります。

年齢をとると「自分がアスペルガー症候群の障害者」だという事実を認めない
傾向が強くでます。よほど窮地に陥るような失敗や経験が無い限り自分をふり
返ってみたり、反省することは無いからです。問診などで自分に当てはまる項目
が多いので「自分はアスペルガーかも?」と考えて医師に診断を自ら求める患者
は皆無に等しいでしょう。逆にその様な患者がいるならばその人はアスペルガー
でなく「うつ(鬱)」などの他の精神的な病気が殆どだとも言えます。

攻撃的、危険行為などの二次障害における行動などは医師の治療や薬物などで
抑えたり、制御することは可能ですが潜在的にある非現実的・非常識・非人道的な
思想や考えは常日頃から存在して、改善したり直す事が困難です。

この危険思想的な論理は特徴的なもので同じ、発達障害である知的障害の患者は
持ち合わせていません。周囲や他の人とのコミュニケーションが苦手とか、場に
応じた発言や行動が苦手である事も特徴的で改善が求められる内容ですが、その
延長上である、「間違って歪んだ危険思想・危険論理」なども更に重大です。

アスペルガー症候群と味覚(味覚障害)と臭気

成人や10才代後半以降の者でアスペルガー症候群の二次的な障害が発する患者では
食べ物や飲み物における「味覚」障害があります。

・特別に異物などの混入が無いのに「変な味」などと言う
・辛いものや味が濃いものを好む様になり、日常的に摂取する

以上のような事項が多くあります。

異物などが混入したような「変な味がする」という場合には、例えば「洗剤の味がする」
とか「何か混じっている」などと訴えることがあります。

勿論、事実無根・既成事実であって、仮にその食べ物について調べても異常はなく
他の人(通常の健常者)が食しても異常は全く認められません。

これは二次障害における精神的な異常が味覚に現れている症状の一種であり、異常な行動
や異常な発言などが現れる前兆の一つです。よく精神的な異常である症状の一つで妄想や
幻聴、幻覚などがありますが、味覚障害はそれらに酷似する病症です。

アスペルガー症候群における二次障害の異常行動などは統合失調症の異常行動に酷似して
一般的な精神病疾患患者と間違われて誤診されるケースは多々ありますが、アスペルガー
症候群の二次障害における異常行動の多く現れる場合があります。

味覚と共に臭気などにも現れます。妙に人よりも臭気が鋭くなったり、
また臭気が鋭くなった様に感じる場合があり、他の人の体臭や香水や建物内の臭気などが
目障りになることを訴えます。その多くは実際に多くの人たちは(臭気が)気になるような
場面はとても少なく、味覚の異常にあるような一種の異常です。

この臭気になどが気になる事で多くの人がいる場所や集まる場所に出向くことを嫌う場合が
多くあります。人にも因りますが多くの場合では、他に原因や責任を転嫁する傾向、つまり
実際には無味無臭であっても異臭や本人が言う変味(へんみ)などの事実が全く無い場合が
多くあります。但し、本人が確認したり思ったり考えたりする内容が絶対的な事実であって
嘘で発言している自覚や意図的な悪気などは全くありません。

自宅などにはラベンダーなど精神的安定を促す芳香剤などを常備すると改善できることが
あり、また精神的な安定にも効果があります。(基本的に本人が嫌がらない臭いが前提)

孤立・一人でいる事を好み、子供の理屈みたいな理由や既成事実を唱えて自己の正当化を
主張するなど「発達障害(アスペルガー症候群)が自閉症に属する要因の一つです。」

古来から中国の漢方薬や東洋医学でも、辛いものや味が濃いものなどを好んで日常的に摂取
する人の多くは、「いらいらしたり」「すぐ感情的になったり」「怒りっぽくなる」などの
精神的に感情の起伏が激しくなったり、正確な社会的な判断力を失うことが言われています。

唐辛子や塩など、また味が濃い食物や飲み物などを日常的に摂取すると、次第にその濃度や
量が増えてきて特別に精神的な欠陥や障害が無い健常者でも異常が現れると言われます。

味覚(食する量も含む)や臭気は精神的な神経と連鎖する場合が多くあって、後日に異常な
行動や発言の前兆として考えても、ほぼ間違いないと思われます。

また、似たような事例ではタバコの喫煙や飲酒・その他の薬物などの多量の摂取なども同様
の病症です。特に多量の飲酒はかなり目立ち「アルコール中毒やアルコール依存症」などと
精神科などで誤診を受けることが多くあります。

私がもっとも多く知るケースでは30代はじめから半ば頃の既婚女性が多く見受けられます。

辛いものや酒などの多量摂取は、家族であっても注意はおろか管理することは簡単の様でも
実際にはとても難しく24時間毎日見張らないといけないのが実情であり実際には無理であり
本人に注意を促しても「良いじゃない」などと言われ、あくまでも本人の自覚がなければ
改善は望まれません。

精神の安定や改善のための良薬を飲用してても、辛いものや味が濃いもの(辛子や塩分など)
を摂取、食したりしていては毒をとるのと同じで悪くなっても良くなる事は望めません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。