So-net無料ブログ作成
検索選択

「嘘」について 解離性(障害)

統合失調症をはじめ、その他の精神病の疾患患者、アスペルガー症候群の障害者との
コミュニケーションや対人で「嘘(うそ)」をつくと問題が挙げられます。

嘘というものは本来は自分の都合の良いように相手に対して既成事実を言うことに
なりますが、アスペルガー症候群などの障害者や精神病疾患患者にはそれは言えません。

患者は間違った(現実の)認識をしている事が殆どであり、本人にとっては真実で
あるからです。つまり全く「嘘」ではないからです。

これは「解離性」という現象・症状です。

自分にとって不都合が生じると、その不都合を自分にとって最も良い解釈や物語に
現実にあった事実を既成事実化していきます。その既成事実は本人の世界は真実であり、
現実であって全く「嘘」ではないのです。

本当に自分勝手で都合の良いこと以外ありません。
このことで殆どの家族や夫婦では意見の食い違いで喧嘩になることは間違いありません。

またその「嘘」は周囲の者などからの情報や誘導によっても大いに影響します。

仮にアスペルガー症候群の二次障害が現れた障害者(A)に健常者(B)という人物が
(A)の言う、明らかに虚偽内容である妄想的な既成事実を(B)が無責任に認めたり、
もしくは(B)が(A)に対して誘導的に既成事実を説いた場合は、(A)は完全に事実で
ない妄想的な既成事実を真実だと思い込みます。さらにひどい場合には、その妄想や
既成事実に対して(一般的に意味不明なときが多いが)新たに妄想的な既成事実を
創作して、その妄想的な既成事実を真実の事実だと証明しようともします。

上記の内容で現実にあったことから言うと、
実際には(A)から家族の者が首をしめられた事実が逆に家族が(A)の首を絞めたことに
なったり、長年、正社員として勤勉にまじめに働いていた夫が(A)の異常行動や日ごろの
世話や介護の理由から幾度か転職して、併せてそれらが要因で現在無職に近い状態まで
陥っている夫の職歴が「アルバイトしかしたことがなく、もともと定職についた事がない」
などとかなり、現実とはかけ離れた内容を真実だと思い込んでいた。

いずれの場合でも「嘘」をついたと言う、自覚や悪意が最初から無いのである。
自分が(都合良く)思い描いた内容が正確に記憶している内容と勘違いをしているのです。

アスペルガー症候群の障害者の殆どは「幼い頃の記憶があまりない」傾向があります。
そして感動的な映画や物語、音楽などを聞いても「感動」を覚えない指向が多くあります。

過去にあった事でも、「いつ」「どこで」「なにをしたか」という正確な記憶力に劣り、
その事実を思い出すこと自体が本人にとってはかなりの苦痛になっています。

その「思い出せない」苦痛から逃れるためには記憶の空白は本人にとっては絶対に
いけないことであり、自分にとって都合の良い解釈や記憶にすり替えたりします。
その経過の中で、妄想的な既成事実を創作するために「嘘」が出現するわけです。

周囲の人や他の情報などにより、正確な記憶や情報が歪む場合も存在します。

日常の食生活の改善と注意・「うこん」の効用効果報告について

アスペルガーを含む発達障害は生まれつきであり、突発的や突然発症するような
病気でない「障害」ですから現在の医学では完治は不可能です。

現在では二次障害など日常生活に支障が出ないように適切な処方をうけた薬物で
抑圧・安定することが有効策になっています。しかし、薬以外でも食生活などから
改善や制御が出来ることもあります。

アスペルガー症候群を含むその他、精神病などで絶対に遠慮してほしいものが
あります。それは「辛い」ものです。特に「唐辛子」と「塩分」です。

絶対に摂取、食するなと言う訳ではありませんが、辛いものや塩などは病症悪化を
助長する場合が特に多く、特に一味や七味唐辛子などを常用し食している場合は、
通常の健常者でも精神に異常が現れることが多いのです。

精紳を安定させる薬を飲んでいても、辛いものを毎日食したり一定以上の量を摂取
したりすると、本来は薬で安定する薬も効用がありません。また、薬の成分や量の
増加をしなければいけない状態になり、結果的には身体にも悪影響になります。

感情の起伏が激しい人、感情に流されて正常な判断を失う人、その他心身、精神が
不安定に陥る人の多くは以外にも「塩分」や「辛い」ものの摂取が多いようです。

漢方以外では古来から「辛い」ものや「塩分」の過多摂取は精紳に異常が現れる
ことが多く、睡眠不足、いらいらなどがある場合は最も毒であり、断ち切る事を
言っています。

後でも述べますが、異常な摂取量などがなければカレーや胡椒などの辛いものは
唐辛子ほど悪影響は少なく、反って程度な摂取にて良好な場合もあります。
しかし、「塩コショウ」などの調味料などは案外、普通に食しているつもりで
あっても意外と調理時や調味料として使用する時に、多めに使う時が多いので
要注意です。

塩分、「塩」については減塩食品などを食するまではないのですが、普通に調理を
してあるものに「味がない」「味が薄い」といって後で追加する事が多い人は要注意!

医学的な証明や正式な解明は未だに出来ていませんが、「うこん」は良いと言われます。
興味ある、病院や医師が実験的に不特定多数老若男女のアスペルガー症候群患者に飲用を
勧めたところ、その多くの患者で比較的に(毎日一定量摂取する)長期間摂取した人は
安定し、中にはほぼ正常化がみられて薬の量もかなり少なくなったという報告があります。

「うこん」の中でどんな成分が有効なのかは未だに不明なのですが脳の成熟に有効で
あるようです。「うこん」とは日本では「しょうが(生姜)」に類する植物です。
多くは生姜やターメリックなどのことです。カレーなどの原料であり、生姜では飲料水で
ジンジャーエールなどが有名です。

その「うこん」の中で一番お勧めなのは「春うこん」です。「うこん」にもいくつかの
種類があり、近年に二日酔いの改善で有名なのは「秋うこん」です。

「秋うこん」や「生姜」などが駄目ではなく、前に述べた医師や病院で患者に勧めた統計
で「春うこん」が最も有効であった結果があったのです。

「春うこん」を摂取するためには大まかに3つの方法があります。一つはお茶にして飲む
方法、その他の二つは「錠剤」と「粉末」での飲用方法です。

お茶の場合は成分がかなり少ないので「錠剤」か「粉末」での摂取方法がお勧めです。
もちろん、「錠剤」や「粉末」を飲むときに「うこん茶」で飲む方がかなり有効です。

「錠剤」の場合は加工する時に圧縮されて熱などで成分が「粉末」状よりも少なく様です。
できれば日常の飲用では「春うこん」の「粉末」状をお勧めします。しかし外泊や外出時は
「錠剤」の方が便利ですので併用し飲用される方が良いでしょう。

「春うこん」の方が最も効果があり、その他の「秋うこん」や「生姜」は効果が全く効果が
無い訳ではありません。この後で述べますが、毎日の摂取と効果が現れる時期で「春うこん」
が一番お勧めできるのです。入手できにく場合や、飲用の補助として「秋うこん」での摂取
や「うこん茶」、ジンジャーエール、カレーなどの飲用や飲食の併用でも良いのです。

「うこん」の入手方法や経費などについても問題はあると思いますが、一番は「味」にある
と思います。なれていない人や、その味に全く馴染めない人の方が多いはずです。
「うこん」の粉末を飲む場合はオブラート(薬局などで入手可能)という、でんぷんで
作ってある(昔には飴などに巻いてあった)もので包んだ状態で飲むと楽に飲めるでしょう。

一日に飲む量は基本的に朝・昼・夜に分けて小さじ一杯づつ程度でよいはずです。
薬でも何でもそうですが、人間が一度に摂取できる量の能力は限界量があります。
そして一度に摂取する量よりも長期間に一定以上のわずかな微量が臨床的に効果があります。

一般的に上記の要領で、3年以上の常用を試みてください。それまでの間では昼に飲み忘れた
などあるはずですが、飲み忘れや飲むことができなかった時は、なるべく早めにその分を
追いかけるようにして飲むと大丈夫です。外出先では粉末状の場合は不便ですので錠剤を
用意したり、「うこん茶」を用意すると良いです。オブラートに包んで加工する方法もOK

一番気になるのは薬と同じで「死ぬまで飲まなければいけないの?」という疑問が誰でも
浮かぶはずですが、基本的に3年以上と考えてください。もちろん3年以上でも構いませんが、
この「3年」というのは大まかに3年で殆どの人に効用が現れるからです。
また長年にわたって「うこん」を摂取した場合は、その殆どが3年以降にあまり深刻な悪化
がみられなかったという報告が多くあります。

「春うこん」をはじめ「うこん」は南国、日本では沖縄が特産地のようです。
インターネットでは沖縄にある業者や生産者が直売にてネット販売をしています。
漢方薬健康食品などを取り扱いの会社などでも販売していますが、外国産のウコンだったり
春うこんと称して、その他のウコンを使っていたり、成分的に少ない場合が多いのでできれば
生産者直売のルートにて入手された方が内容が無難であり、しかも比較的に安価です。

良心的な生産者では200~300gの粉末をびん詰めで¥2000円以下にて販売してます。
朝昼夜、小さじ一杯づつで約1ヶ月~1ヶ月半くらい分はあるとおもいます。

極力さけてほしい製品は「外国産」のウコンを使った製品です。農薬や他の成分でウコン本来
の成分が少なくなっていたり、失われたりしている可能性が大いにあるからです。

前に述べたように「有効な効用あるウコン」などを摂取飲用しても「辛いもの」などを
摂取すると効果はかなり減衰するかなくなります。その点を注意してください!

エスカレートしてゆく異常(危険)行動があるアスペルガーの二次障害

二次障害の一つである行動でいわゆる「家出」や「失踪」が多くあります。
この殆どは本人は無意識で後日、殆ど記憶が無いときが多くあります。

類似する行動で「自殺企図(自殺を図る危険行為)があります。
「家出」「失踪」が更にエスカレートした(異常)行動です。

予備知識として多量飲酒(アルコール中毒)や薬物中毒などは
自己主張や愛情表現が不可能な場合にみられる他の異常行動です。

*アスペルガー(障害)を他の精神病と取り違う要因にアル中などと
 誤診を下す医師が多い。(三次的障害の結果だけしかみていない)
 特に女性の場合は年齢に関係なくアルコール中毒症に陥りやすい

これらの(異常)行動は「愛情表現」や「(思想)伝達手段」の一つで
いずれも意識があって行うことは殆ど無く、ある時から「衝動」に駆られる
状態に陥り、理由や原因がなくても(危険・異常)行動にでる衝動がでます。

比較的に十代などの若年層者には自殺企図まで至るケースは少ないが、
変わりに、自分の身体を傷つける自虐行為などが多くあります。

特に家族の人には正確に認識してもらいたいのは、

家出や失踪、自殺などの行為は回数を重ねることに「エスカレート」する事実です

本人にとってこれらの(異常・危険)行為は愛情表現などの「自己主張」する為の
一手段ですから、徐々に段々と内容や事が大変になっていく事は必死です。

自殺に関しては薬物飲用等から多いようです。徐々にエスカレートして行くと
当然ながら内容は生命の危機が高くなり、無事に生還できる可能性も低くなります。

このような危険行為などを行う、少し前から徐々に異常な行動や発言、感情の起伏が
激しくなることが多くなっています。女性の場合は生理がある前後なども深く関係が
あるようで、季節的にも2月~5月頃の春先が多いようです。長年、家出や失踪が
あって度々の捜索経験がある人は、探す時は「桜」「こいのぼり」の時期が多いなどと
ある程度は時期的に共通できる内容があるようです。

ですから、今後の対策や危険の回避のためにも家出や失踪時には家族の方で
記録をとっておくことをお勧めします。警察や探偵の捜索よりも今後、役に立ちます。

薬物に関して、市販の薬などでは死に至ることは少ないのですが、異常行動を起こす
者に対して常識などは通用しない個所が多くあり、風邪薬の錠剤でも何百錠と飲用すると
死に至る、中毒症状に陥ります。当然ながら睡眠薬などの扱いは要注意です!

あくまでも傾向ですが、刃物を使用したり「即死」に至る自殺企図は稀です。
仮に刃物で自分を傷つけても、その「傷」の存在と「傷」そのものが自己主張の手段で
あって絶命する(自殺企図)行為が自己主張ではないからです。

しかし先ほどでも述べたように、前に相当な危険行動などの経歴がある場合や、二次障害が
多様に悪化した場合、他の薬物などで効用があった場合など、その場所の状況や環境により
即死に至る、危険行為を平然と無意識に行う危険性も大いにあります。

心配させたり、困らせたり、構ってもらう為の手段や「愛情表現」が家出・失踪・自殺など
危険行為になっているので、その行為を「無視」したり逆に「擁護」すると危険行為などの
エスカレート化がますます進み悪化するばかりになります。

病症や障害に対する理解は、本人よりも外部に求めるべきです。

大変に難しく容易でない事ですが、本人に対しては家族や周囲がその危険(異常)行動や
行為が大変に苦痛であり、他人も含めて本人への同情や理解などは絶対に得る事などは
無く、逆に誰もが嫌がり悪い要素でしかない旨を、本人に対して理解できる様に何度も
言い伏せる以外はありません。 ここでは「本人が(言いたい内容を)理解できる」事が
とても大切で重要な事です。知能指数が高くあっても単語の羅列や「単なる悪口」だけと
しか受け取らない場合が非常に多いのです。

前にアスペルガー症候群における二次障害については、他の精神病に類似・酷似するが
例えば、うつ病に類似・酷似するが「うつ病」でなく「うつ状態」もしくは「抑うつ状態」
であって全く別物であると述べました。しかし、ある意味で一定以上の環境や状況下以上に
至った場合は、正常な健常者が精神病になった場合のようにして、他の精神病的な病症が
複合的にでる可能性なども大いにあります。これはアスペルガー症候群などの障害などで
ある以前に感情が存在する人間である以上は致し方ない事実です。

優秀な医師や看護士、カウンセラーよりも特定の家族がそれらよりも優れている場合が
殆どです。前にも述べたように愛情や関心が大きい家族に対しては反発や攻撃が多い
現象があり、他人である医師や看護士などは愛情や関心がとても薄いので同じ言葉を
発しても全く効果がないケースがあります。

いずれにしても信用できる家族がそばに居る事が最良策になります。
ただし、その家族や周囲の人達はいくら理解があっても相当に苦痛であることは
間違いないはずです。夫婦関係や親子関係、兄弟・姉妹関係など「血縁」である
「愛情」以外では打開策はないかもしれません。

もし、それ以外の他人やAS同士の者と生活を営んだ場合はあまり良い要素は
考えられなく逆に病症悪化に伴い、生活の崩壊や生存の危機が大いにあります。

アスペルガーに限らず、他の精神病に関しても規定や定義は存在するものの、
境界やボーダーは存在していません。ある程度の病症や症状が該当する比率で
診断を下して治療を受けるのであって、親子の場合で親がASで子には認められ
なくても、その子には十分に親のASにおける要素は存在するのです。

ですから、それを無視した(ASに対する見識)場合は、本当は子にもASが
あっても見逃したり、現在の年齢では異常は認められない場合でも将来的に
認められる場合が全く予見できません。そのように一定の年齢までは異常が
認められなくても(実際に細部では調査すると異常があったとしても)、
一定以上の年齢で明らかに異常と思われる行動や発言などをするケースが
あります。

統合失調症とアスペルガー症候群は誤診を受けやすいが、統合失調症などでも
みられるように20代前半期に発症したり、30代期に突入した以降に発症を
するオリジナリティー的な病症も存在する。


※アスペルガー症候群、その他についての詳細は過去の記事にあります

発達障害・アスペルガー症候群における「自覚」

大分類である発達障害における症状・行動・発言は「自覚」がありません。
更に「二次障害」、異常行動や異常発言についてはほぼ無意識状態もしくは
記憶が残らない、覚えていない状態ですので本人は無かった事に等しい事実
で終わるのです。

多くの障害を持つ人は、その一生涯の中で障害そのものを知らずに人生を
終えるケースが多いのです。その多くの理由は、

1・本人の自覚が無い
2・不幸にも指摘する人が無く、指摘より悪口や変人扱いだけで終わる
3・精神科医師の「誤診」と「学識・認識が無い」統合失調症やうつに誤診
4・日本では発達障害(特にアスペルガー)について認知度が無いに等しい
5・知能指数や脳波に異常が認められない為に異常が確認できない

他にも要因や原因はありますが大まかに以上が挙げられます。

その人が「自覚」的に感じ、納得した状態で認識できるのは死に間際か
人生を終えても出来ないと考えるのが普通です。

本人が自ら自覚できる条件として、

1・アスペルガーと指摘する者の存在
2・アスペルガー症候群の存在を知る。そして知識を得る
3・危険な自殺(未遂)企図にて生還できた経験

以上などが挙げられます。
近年では自らが病院に出向いて「自分はアスペルガーではないか?」と
医師の診察を受ける者が多いらしいが、アスペルガー症候群疾患患者の
行動ではあまり在り得ない事です。そのような行動にでる者は逆に言えば
他に精神的な疾患が生じている状態の者と思われます。

基本的にアスペルガー症候群にある者は、余程の事が長年にわたって
多くの事が積み重ねられた経験がなければ、絶対に本人は認めない傾向が
多くあり、まず10代から20代~30前半くらいまでの年齢の者では
絶対と言っても過言では無いくらい「自覚」は認められません。

ですから20代から30代の年齢にある家族以外の者と暮す「一人暮らし
にある人は親身に「指摘」する人の存在がいないので自覚は更に無理です。

医学書や雑誌などの特集記事などを読んだり、テレビ放送などで情報を
得て「アスペルガー」を知ってもアスペルガーである多くの者は殆ど全員が
自分との病症や症状など一致を認めず、むしろ逆に「否定」に走ります。

数年や数ヶ月での早期自覚や発見が可能であれば全く当初から問題が
無い訳であって、多くの患者本人や家族はその為に苦しみを経験します。

家族の者で、その異常な行動や発言、思想などを発見して病院での診察や
治療を本人に勧めても「認めなく」逆にそれらの注意も「悪口」などと
(家族の)意見の本質や内容を全く理解していない。

しかし、奇妙な事に「もしかして」などと多少、感じることがあるせいか
相当な抵抗や拒否をしていても家族などの付き添えで病院に出向いたり、
病院や医師の診察を通常の通りに本人に勧めると、何の理由無く素直に
言う事をきく時などが稀にあります。

基本的に考えや行動すべてが「稚拙」「幼稚」であるが故に
「思いつき」的な、「幼児」的な衝動的行動があるからです。

病院での診察などを大人的な理論、
例えば「診てもらってなにもなければそれで良いから」など他に説得する為に
説明などを多くするよりも、タイミングと機会をみて「今日行ってみようか?」
などと誘う方がよほど得策なのである。

うつ病など他の病症疾患患者の場合の多くは、逆に病院を勧めると抵抗や反抗、
拒否をしても回数や期間的には少なく済みます。(二次障害的な場合を除く)


家族が他人同様に本人に対して「変わり者」扱いで終始ある場合は前で述べた
事項にもあるように生涯気がつかず過ごすか、二次障害などの悪化もしくは、
他の精神病との勘違い、誤診により全く処方の異なる薬物にて心身身体を崩し
普段の生活に支障があることになるか、長期間におよぶ病棟での生活になります。
最悪の場合は犯罪や事故などを起こす要因も多くあります。

※アスペルガー症候群、その他についての詳細は過去の記事にあります

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。