So-net無料ブログ作成
検索選択

アスペルガー症候群における最も悩まされる特徴 癖・「自傷・危険・自殺企図行為」

癖と言うにはたちが悪いのですが、「自傷行為」などが多くあります。

程度にも拠りますが、最初は自分が怪我や傷などにできた瘡蓋(かさぶた)を
自分で剝いてしまって流血してしまう事が殆どの場合が最初で、手足など幾つも
傷跡がある場合があります。

特に怪我や傷に限らず、虫刺されなど普通は痒み止めやかぶれと止めの軟膏など
を塗って、後は養生して数時間もしくは翌日くらいにはほぼ完治させます。しかし、
精神的な障害などがある人の場合は、その「虫さされ」でも何か他で傷を負った怪我
のように自分でしてしまう事が多々あります。

※人によっては自分で(お金や時間もあって散髪に行けるのに)髪などを切るなどもあります。

次に多く見られるのは手首付近を傷つける「リストカット」行為の傷跡です。
殆どの場合は、利き手の逆の手首(右利きの場合は左など)に傷跡があります。

それらの度を越すと次は薬物や酒類などの異常な大量飲用などの自殺企図です。

他の場合もありますが、具体的に多いのはこれらのケースです。
お気付の方もいるかもしれませんが、いずれも一発で絶命してしまう内容とは少し
違います。いずれも周囲への自己主張があり「同情」を引く手段が主流です。

瘡蓋を剝くなど自己で流血させて傷を大きくする事から始まり、生命の危機にまで
及ぶ「危険な行為」を「自己主張」の手段としていきます。

徐々に内容がエスカレートして大事になるのが特徴です。

幼児が通常の元気で健康な時よりも、怪我や病気でいるときが周囲が気を使って
自分に対して、常にかまってくれると勝手に思い込むとても稚拙な考えがそうさせます。

アスペルガー症候群に限らず、精神状態や思考能力が悪く判断力が未熟な場合や
幼稚な考えや行動などを普段から持つ者などにも同様の傾向が多々あります。

そういう事などを考慮して考えると、原因は色々で全く異なる風邪でも一般的に
「風邪の症状」と呼ばれる「発熱、咳、嘔吐など」同じような病症のようにアスペルガー
症候群に限らず、それらの原因が違っていても「精神状態の悪化や混乱」があれば
例えば統合失調症や、その他の精神病でもほとんど同様の病症が現れます。

(精神科)医師は主に病症などをみて診断をするのですが、現時点の日本国の場合
特に幼児以外のアスペルガー症候群を正確にみいだせる医師はごく少数で、また
殆どの場合、殆どの医師は「うつ病」などと他の精神病などに当てはめて誤診をする
ケースが多くあります。

障害と病気では根本的に原因が異なり、例えば「抗うつ剤」など表面的には精神を
抑制する効果があるので治まって効果があるようにみえますが、長期的な内容を
みて考えると病症を慢性化させてしかも将来的に悪化させる可能性が高くあります。

ある専門の医師が強く主張していましたが、病院や医師によっては改善や安定化を
するどころか、病症の悪化→(以前より)大量の(間違った処方の)投薬の繰り返しで
とても社会的に不適合な身体に陥いる当然の結果になりさらに入院生活を強いられて
最終的に廃人同様になるケースも少なく無いようです。

経験から言えば、日頃から怪我や病気、特に自殺などの危険な行為があっても周囲
や他人は一時的に注目してもさほどの興味などは無い事実。そのような事を行っても
逆に人は引いてしまい逆効果であるという事実をはっきりと忠告して理解できるまで
常日頃から言い聞かせる事が、どんな良薬を使うよりも有効です。しかし、多くは急に
は効果的ではない場合も多く今日、自殺企図などの危険行為を起こして翌日にも同様
に起こす危険性もあるので、最低限で短期的もしくは暫定的に使用できる低濃度の
精神安定剤や睡眠薬などを上手に併用されることも大切です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。