So-net無料ブログ作成
検索選択

家出や失踪する行為 2

家出や失踪する行為や自殺企図など危険行為や
危険行動にはある程度予測できる時節や前兆なども
あるようです。ただし、人により環境や条件なども
異なりますのであくまでも目安程度と考えてください。


前兆にもいろいろありますが、古来からよく言われるのが
「季節の変わり目」の時節です。

冬から春先、梅雨から初夏、
秋頃から肌寒さを感じるときなどです。

体験や事例からいえば、3月・5月・6月・9月・12月で、
特に3~5月と9月~12月に多いようです。

また女性の場合では生理の時期なども噛み合います。
ただし、一般的には生理中と考えがちですが案外多いのは
生理直前と生理後で、特に後者の生理後の方が酷いように
思われます。憶測ですが生理中では心理的に不安定ですが、
やはり出血など体調が悪い方向への変化があるので心理的な
不安があっても体調悪化には逆らえないようです。

先に傾向が強い季節などについて述べましたが、昔からよく
言われるように基本的には「春」先だと思われます。

近代では特に空調などがどこの家庭でも自由にできる環境で
寒くなると暖房、暑くなると冷房というように自由に調整が
できます。

ですから、空調や冷暖房が必要になる直前や初めの時節などが
危険度が高いと解釈されたほうが良いかもしれません。

冷暖房など空調設備が無いに等しい昔では比較的に「春先頃」
に異常等が多かったと考えます。

しかし、近代では春先頃の心地よい温度の環境が人工的に
作り出されて、精神的な病や障害を持つ者は秋から冬になる
寒さを感じる時期に暖房を入れる事などで、急激な温度変化
の環境変化と体調、心身などが順応できにくく結果的に現在
では冷暖房などの空調を始める初期の時節に異常行動などが
多くでる傾向が強いようです。

その裏付けに、家出や失踪などは前に述べた次節に多いのは
確かで間違いないのですが、寒い時期に入る季節の変わり目
の場合はさすがに寒い環境なので他の季節よりも時間や日数
的に解決するまで早く、逆に3~5月、特に5月頃の天候も
安定した季節では解決まで多くの時間や日数がかかっています。

アスペルガー症候群に限らず、うつ病、統合失調症などの
精神疾患や心身に問題を抱いている人などは自覚があれば
それらの時節や季節に応じて薬などを医師に処方してもらう
ことで防げたり、予めの有効な対策になるはずです。

また、それらと併せて概ね他の前兆としては時間を守らない
もしくは守れない事や夜更かし、不眠などが多くなることも
特徴です。
nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。