So-net無料ブログ作成
検索選択

家出や失踪する行為 1

特に女性で多く見られるが、アスペルガー症候群である発達障害の
疾患患者では17歳~19歳頃前後、32歳~34歳頃前後に障害
での病症悪化がよくみられ、特に家出や失踪などの行為がある。

家出や失踪、または転職など現実逃避がよくある結果であって、
それらの前兆として良く見出されるのが、Webなど、特にSNSなど
会員制掲示板などでを毎日のようにしていて急に脈絡無く脱会、退会
をして今まで膨大に書き込んでいたものを削除・消去する事がある。

それらは全てを無くす、つまりリセットすることで何か変わるという
妙で根拠などが全く無い理由で「衝動的に」行うのである。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。